うつ病なんて怖くない|弱い自分も認めてあげよう

病院選びが大切

カウンセリング

診療科の違い

うつ病の治療は、心療内科・精神科・メンタルヘルスクリニックなどで受けることが出来ます。これらには、どのような違いがあるのか分からないという人も多いのではないでしょうか。病院を選ぶ際に迷わないように、それぞれの特徴について理解しておくようにしましょう。まず、心療内科ですが、これはストレスや精神の不調などにより引き起こされる症状に対する治療を行う診療科です。一方、精神科は精神疾患を扱う診療科であり、不安感や抑うつ、不眠や幻覚などの様々な精神異常による症状に対する治療を主に行っています。そして、最近多くなっているメンタルヘルスクリニックは、心療内科や精神科などの総称です。心療内科や精神科、メンタルヘルスクリニックはいずれも精神的治療を行う医療機関であり、うつ病の治療を希望するという場合には、診療科による違いはそれほど考える必要は無いでしょう。大切なことは、医師としっかりと話し合い、うつ病の症状を軽減させ、もとの生活に戻ることが出来るようにするということです。

休養することが大切

うつ病という病気・症状自体は、以前から知られていました。しかし、原因が明確になっていないということもあり、確実性のある治療が確立されてはいません。また、治療を開始しても実際に症状が軽減されるまでには、時間がかかります。一人ひとりの症状や環境に応じた治療方法を選ぶということが大切になります。治療の一つとして行われることが、休養を取るということです。仕事や家事から一度離れ、生活リズムを取り戻すことで、症状の緩和へと導かせることが出来ます。場合によっては、入院が必要となる場合もあります。休養期間については、症状などにもよりますが、早期回復を目指しすぎてしまうと再発の可能性も出てきてしまうので注意が必要です。自己判断はせずに医師と話し合った上で決めるようにしましょう。その他の治療法としては、内服薬や漢方薬の使用、カウンセリング、頭部に電気や磁気を照射する治療法などがあります。うつ病の治療で大切なことは、とにかく無理をしないさせないということです。