うつ病なんて怖くない|弱い自分も認めてあげよう

病気であると理解しよう

看護師

自己判断は危険

うつ病の治療は大きく3つに分けることが出来ます。多くの場合は1つだけではなく、複数の治療法を組み合わせて行ないます。また、必要に応じてその他の方法が用いられる場合もあります。うつ病の症状は初期状態であれば、日常生活をおくることは可能です。しかし、我慢しながら日常生活をおくるような状態が続くと、症状の悪化を招く可能性があります。その為、しっかりと休むように意識するのが大切になります。なにもしない休息時間に対して罪悪感や抵抗感を感じる場合もあるかもしれませんが、休むという行動に専念するようにしましょう。うつ病では、症状を緩和させるために医薬品が使用されることがあります。使用される医薬品には、抑うつ状態を緩和させる、不安感や焦燥感を取り除くといった効果があります。医薬品は症状に合わせて使用する必要があるため、自分勝手に服用する、もしくは服用を中止するなどの行動は避けるようにしましょう。症状が良くなった後でも、再発防止の観点からしばらくは飲み続ける必要があります。

周囲のサポートも大切

うつ病の症状は一人ひとり異なります。また、その症状に関しても一進一退を繰り返すものです。そのため、治療は長期に渡ることも少なくはありません。治療に関して分からないことや不安に感じること、日常生活の中の変化等がある場合には、主治医に相談するということが大切になります。うつの症状について十分に相談することが出来ない、信頼することが出来ないという場合には、担当医以外の他の医師に意見を求めるのも一つの手段です。他の医師に意見を求める場合には、これまでの治療内容や使用している医薬品を明確にするためにも、カルテの開示を求めるようにしましょう。うつ病の治療には、患者本人、医療機関、周囲の人の支えの3つが協力しあうということが大切です。特に、患者を支える周囲の人のサポートが治療に大きな影響を及ぼすことがあります。患者を支える立場として、対応方法などが分からないという場合にも医師に相談することをオススメします。周囲が患者を焦らせないこと、そして誰でもなり得る病気であることを理解するように心掛けましょう。